おすすめサイト薦めてみ隊

普段、目についたものやネットで見つけたおもしろいものを中心に紹介していきます

ギャンブルは理詰めでやるのかいきあたりばったりか?

ギャンブルと一口にいってもいろんな種類がある。日本国内でできるギャンブルって、たくさんあると思うのだけど、いわゆる競馬や競艇、競輪などは、その日のコンディションや乗り手の最近の状態などからある程度の予測は可能である。

もちろんただ闇雲に買ってしまっても、確率的にはかなり悪くなるだろうが、宝くじなんかになるとそれこそ100%神頼みになるように感じる。当たるための儀式的な行為をいくつも行う人もいるだろうが、そんなもの

は科学的に解明されているものでもなんでもないのだから、全くの気休めに過ぎないように思える。

まあパチスロなんかだと、店によって各々特徴があるから、例えば、決まった曜日には、何列目の何番の席が出やすくなるように設定されるようになっている、だとか、そういうのは、常連になればある程度わかってくるといったこともあるのだけれど、ギャンブルでもやりたいものと、やっても自分の中で許せるものとにどうしてもわかれてしまう。

ギャンブルをしない人にとってはどっちも同じギャンブルじゃん!なんていわれてしまいそうではあるが。

で、自分では宝くじとかロト6とかいわゆるくじなんかだとそんなにギャンブルぽい感じもしないので、とっかかりやすいし、親も宝くじなんかは、夢を買ってるんだ、なんていってたから、後ろめたさが少なかった。

まあでも宝くじは全くの神頼みなもんで、どうもつまらないというか、当たる気がしないのだ。そこで、自分で好きな数字を組み合わせて、自己責任で決められるロト6あたりがちょうどよさそうだという結果になった。

だが、適当な組み合わせじゃやはり、確率的には当たるわけないだろうと、なんとか当たる方法はないものかと考えて色々さがしてみた。

やはり、というか同じようなことを考えている人はいるもので、ロト6の当選確率を上げる方法なんてのがネットでも紹介されていた。

統計的にも確率的にもデータを揃えて勝負しようというわけか。

それなら、何も考えずに買うよりははるかに7効率的だ。自分も試しにやってみることにした。

Comments

Leave your comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Simplue WordPress theme, Copyright © 2013 DicasLivres.org Simplue WordPress theme is licensed under the GPL.